電話&FAX: 0973-72-0033

2月28日 古後小学校より講師派遣依頼があり、宿利芙美子さん・柳井田さなえさんを講師派遣しました。
 
190228 3 016 s

宿利さん・柳井田さんはしいたけ饅頭の製造・販売をしています。
郷土の味として、また古後地区の特産品として子どもたちが作り方を学びました。

 190228 3 001 s  190228 3 002 s

材料の小麦粉・砂糖・イースト菌などをふるい入れて、油・水を足してこねました。

「パン作りみたい」「こねるのって結構力がいるね!」

 190228 3 003 s  190228 3 004 s

こね終わったら温かいところで発酵

 190228 3 005 s  190228 3 006 s  190228 3 007 s 

時間がたつとこんなに大きくなりました!発酵成功(*´▽`*)

 190228 3 012 s  190228 3 013 s  190228 3 014 s 

生地が発酵する間に、具を作りました。
しいたけ・豚肉・にんじん・しょうがをすべてみじん切りにしました。
「お肉ってなかなか切れないね」「ちょっと大きいんじゃない??」

 190228 3 008 s  190228 3 009 s 190228 3 010 s

みじん切りにした材料を鍋で炒めて味付けをしました。
ちょっと味見・・・うん!美味しい!!

 190228 3 011 s  190228 3 015 s 

発酵した生地を切り分けて、具をスプーンで入れて包みます。
宿利さんの手の中ではきれいにまん丸なお饅頭になっていきます。
子どもたちの手にかかると、なぜか包めません(◎_◎;)
「具が多すぎるのかな?」「生地をもうちょっと伸ばせばいいのかな」
考えながら作って、それでもダメなときは生地を足しました(笑)

 190228 3 016 s  190228 3 017 s  190228 3 018 s 

出来たお饅頭は蒸し器で10分ほど蒸して出来上がりです。
たくさんの蒸気の中から、ふっくらと蒸しあがったしいたけ饅頭が出てきました。
「わ~おいしそう!」「まっしろでふわふわしてる」子どもたちも自分たちの作ったお饅頭に感動の様子。
生地が足りてないな~と思っていたお饅頭は、予想通りオープンなお饅頭になっていました。

 190228 3 019 s  190228 3 020 s 190228 3 021 s 

その他にも、餃子なお饅頭や大きさ2倍のお饅頭も出来上がりました。

  190228 3 022 s 190228 3 025 s

温かいうちに試食です。
「あったかくて美味しい」「しいたけ苦手だけど、美味しい」2つ、3つとおかわりする子どももいて大盛況でした。

 190228 3 023 s  190228 3 024 s 

シイタケが苦手だったけど、食べられた。
しいたけ饅頭を食べたことはあったけど、作ったのは初めてだったので楽しかった。
しいたけを他の調理方法でも食べてみたいと思った。

と、シイタケが苦手な子どもたちから前向きな感想が出て、宿利さんも柳井田さんも嬉しそうでした。

 190228 3 026 s  190228 3 027 s